ドレスはレンタルと購入どちらを選ぶ?お得なドレスの入手方法
Dress.net

必要なものが全て揃う!ドレスをレンタルする手順

ドレスをお得に手に入れるには?

さまざまなイベントでドレスを着る機会がある女性は、ドレスをレンタルした方がいいのか、それとも購入したほうがいいのかと、迷うこともあるでしょう。レンタルする場合と購入する場合にどちらがお得になるのか、それぞれのメリットを比較し、自分に合った方法でドレスを入手しましょう。

ドレスをレンタルする場合と購入する場合の比較

レンタルする場合

友人や兄弟、職場の仲間の結婚式によく参加する方は、その都度ドレスを購入することになります。その場合は、複数のドレスを所持するより、レンタルで済ませた方がお得になります。

購入する場合

お気に入りのドレスを見つけた場合は、購入をオススメします。気に入ったドレスを1つ持っていれば、さまざまな場所で利用することができるからです。急なお呼ばれでも利用できるので、焦らずに準備を行うことができるでしょう。

ドレスはレンタルと購入どちらを選ぶ?お得なドレスの入手方法

女の人

ドレスのレンタルはいつ使う?

発表会や娘の結婚式など、特別なイベントでドレスを着る場合は、気品のある高価なものを選ぶ必要があります。しかし1度しか着る機会がないので、もったいないと思う方もいるでしょう。そういった場合にレンタルドレスが活躍するのです。

全て揃えても1万円代!

ドレスを着るとなると、バッグやヒール、ショールなどその他の小物がいくつか必要になります。すべて揃えるとなるとかなり高額な出費になってしまうでしょう。しかしレンタルならどうでしょう。ドレスやショール以外にバッグ、ネックレス、ヘッドドレスまで合わせても1万円代で借りることができます。普段使用しないものを揃えて購入するよりは、レンタルの方がお得と言えるでしょう。

不安な方は試着もできる!

レンタルをしようと思っても、自分の体型に合うか不安という方は、試着をして決めるという手もあります。店舗に直接足を運んでから試着する方法と、自宅に届けてもらってから試着する方法があります。自宅で試着する際は料金がかかってしまうので、大量に選んでしまわないように注意しましょう。

ネットでドレスをレンタルする際の流れ

ネットで予約

レンタルドレスショップのサイトから着たいと思うドレスを見つけることができたら、そのドレスを選択してネットで予約を行います。必要事項を記入して予約が完了したら、ショップから電話連絡が来るのを待ちましょう。

レンタル料金の支払い

電話で予約の確認が取れたら、支払いを行います。振込の場合は予約から2日以内には振り込むようにしましょう。もし過ぎてしまうとキャンセル扱いになってしまう恐れがあるからです。きちんと計画を立ててから予約することが大切です。

ドレスの受取

希望した日にちに予約したドレスが届きます。ドレスが届いたら予約したものかどうか確認し、使用する前までに一度は着てみましょう。

ドレスの返却

ドレスを使い終わったら、最後に返却作業が残っています。クリーニングをして返却する必要はありませんが、送料がかかるということを覚えておきましょう。いくつ小物をレンタルしている場合は、全て返却し忘れないように確認してから送りましょう。

広告募集中